iPod miniのバッテリを取替えた記録
iPod miniの分解は、外装を見る限りではほとんど隙間がなく、どこから手をつけていいのやら
左に見えているような、専用の工具が無いと壊してしまう可能性が高くなってしまいます。
まず上面の白いプラスチックパネルを取り外します。
このパネルは両面テープで貼付けられていますので、工具を突き刺すだけでは外せません。次の図を確認してから実行しましょう。
小さなドライバーで外そうとしても、両面テープから浮かすような、左の図のような作業は難しいでしょう。
周囲を両面テープから浮かすようにして、ゆっくり周りながら浮かして剥がしましょう。
パネルが取れたら、両側二つのとっても小さなプラスねじを外します。
なくさないように注意!
上面のパネルです。柔らかい素材ですから割れる事は無いでしょうが、落ち着いてゆっくり剥がしましょう。
操作ロックの赤いボタンは本体のスイッチを、真ん中で挟んで動かしていますから、元に戻す時は注意!
次は下面のパネルを外します。
こちらの方は接着ではなくて、爪ではめ込んでいるだけです。
工具を奥まで差し込んでしまうとプラスチックの爪を壊してしまうので、元に戻しても固定できなくなってしまいます。
工具を少しだけ差し込んで、ぐるっとまわしながら、ちょっとだけ浮かして爪を外しましょう。
下のパネルを外すと、こんな金具が中身を押さえていますので、これも外します。
4カ所の腕のようなバネが、ボディのくぼみにはまっているので、これを浮かして順番にはずします。
方法は下の図を見てください。
小さいドライバーを少しだけ差し込んで回すと、バネが緩んでボディの溝から外れるので、金属のパネルを浮かします。
4カ所を浮かせば金具は外れます。
これは下から見た画像です。
下面の金具を外したら、図の赤丸の場所にあるコネクタを外します。
これを外さないと、中身を取り出せません。
上面のねじ二つ、下のコネクタの2つを外して、上面をゆっくり引き上げましょう。
きっちりはまっているので、ちょっと重たい感じです。
表側から見ています。
ディスプレイ面は触れないように、基盤の横を持ちながらゆっくり作業してください。
はめ込まれている場所を確認してください。
元に戻すときの事を思って、よ〜く見ましょう。
バッテリを外したところです。
赤丸がバッテリの接続コネクタで、弱いものですから、線を引っ張ったりしないで、コネクタをピンセットでつかんでゆっくり外しましょう。
はめ込む方向がありますから、コネクタのはめ込む時の形を覚えておいてください。
黄色い○の部分は、バッテリの充電管理をする時の温度測定を確実にするために、両面テープのようなもので接着していると思います。
取替えると無くなりますが、くっついていれば大丈夫かな?と思っています(自己責任)
新しいバッテリを取り付けましたから、元に戻していきましょう。
ボディから外した時と逆に差し込んでいくのですが、バッテリの接続線が浮かないように押さえながら、ゆっくり押し込んでいきます。
本体をはめ込んだら、抑えのバネ金具をはめ込みます。
外した時と一緒で、ドライバーでバネの部分を曲げながらゆっくりはめます。
下面のパネルをはめます。方向は無いようですので、爪を折らないように気をつけてください。
私は○印のところを折っていました。
あとは、上面のねじ二つとパネルを貼付ければ終わりです。ロックスイッチの部分が本体のスイッチにはまるように注意してください。
表示と操作、ロックスイッチが動作するか確認しましょう。OKなら充電です。
新しいLi-ion電池は3回くらい満充電と放電を繰り返さないと性能が出ないらしいので、ご注意。
nanoの登場でminiも旧機種に。
カラフル、リモコンが使え、周辺機器も豊富、バッテリさえ取替えれば現役です。
みなさんお気をつけて作業をしてください。
参考:私が使った互換バッテリはここから購入しました。
Back to macunion Home
hiroshi lab > iPod miniのバッテリ取替