iBook G4/800でデュアルモニター化ができる!
iBookの左側端子に画像出力があって、テレビ出力とVGA出力ができる。
とはいっても、iBookに表示されているものと一緒の画像が表示される「ミラーリング」であり、役目としてはビジネスでプレゼンテーションのときにプロジェクターに出力するくらいだろうか。
家でならDVDを見る時にテレビ出力として使うのだろうが、どちらにしても全画面表示にするとコントローラーが隠れてしまって早送りなどの操作ができなくなってしまう。
こんな時にPowerBookなら本体の表示と出力表示を別々にできるデュアルディスプレイ機能がうらやましくなってしまう。
iBookでもデュアルディスプレイを可能にする方法があるのだ。その名はScreen Spanning Doctor
方法を順番に紹介しますが、すべてのiBookで正常に動作するとは限らず、もしかすると起動しなくなる危険性もあるので十分に覚悟して、自分の責任で行ってください。
成功した私の環境は
iBook G4 800MHz PowerPC G4
Mac OS X 10.3.7/メモリ 640MB
Screen Spanning Doctorをダウンロードして解凍する
Reedmeには使用方法が書かれているがもちろん英語で理解不能、
もう一方がアップルスクリプトファイルで、これを実行するとシステムを書換える。
このファイルを実行する前に、使っているマックを
英語環境に変更すること。
マックを英語環境にする方法
システム環境設定を開き、一番上の右「言語環境」をクリックして開く
普通は「日本語」が一番上になっているので、その下の「U.S English」をつかんで一番上に持っていく。
さらに再起動、またはログインしなおすと英語環境に変更される。
メニューが英語に変わるのでわかるが、日本語の表示もできるので問題はあまり無いと思います。

Screen Spanning Doctorを実行する

デュアルモニタ化を実行するには
Enable Spannning」をクリック
解除する時は
「Disabel Spanning」
次のウインドウではiBookを閉じてもスリープにならないようにするかどうかを聞いてくる。
スリープするなら「
No
閉じてもスリープしないなら「Yes」
次のウインドウでは、すぐデュアルモニター化を実行するかどうか聞いてくるので
すぐ実行なら「
ReStart」をクリック/再起動する

英語環境のままでも不自由は無いのですが、日本語環境に戻す
もちろん英語環境なのでSystem PrefrencesのInternationalをクリックして「日本語」を先頭にドラッグ
再ログインし直せば日本語メニューが表示されるようになる
これでデュアルモニター化は完了・次は表示の設定へ